ストレス発散になる「手遊び歌」

楽しく手遊び

こんにちは、

保育スタッフの山村さとみです。

今月の子育て豆知識をお届けしますね。

 

4月に入り環境が変わったり、

天候・気温などの変化についていけず、

心や体が不安定になったりしていませんか?

 

今回は、お家で簡単にお子さんを楽しませ、

さらにお母さん・お父さんも

ストレス発散になる

「手遊び歌」についてです。

 

代表的なものは、

 

~むすんでひらいて~

♪むすんで ひらいて

てをうって むすんで♪

 

~てをたたきましょう~

♪てをたたきましょ

タンタンタン タンタンタン ♪

 

などがありますね。

 

手を握ったり開いたりするこの手遊び歌には

手の機能を高める動きの他に、

模倣反射、

つまり真似っこする力を引き出したり、

手を上、又足をドンドン・・・など、

自分のボディイメージを

とらえるのに役立ちます。

 

さらに、「むすんでひらいて♪」の

最後のリズムで ♪その手を上に~

とありますが、

“上”をやったら次は“ひざに~”や“耳に~”や

色々な体の場所を変えて歌う。

 

お子様に考えて歌わせる!

と想像力、思考力の育ちに役立ちます。

 

もっと小さなお子様にはやはり

「わらべうた」も、おススメです。

 

わらべうたは作者不明で伝承音楽です。

 

何がいいかといいますと、

わらべうたの多くは

ドレミファソラシドで言うと

“ラ”の音を中心に歌われています。

 

実はオーケストラや合唱などで

始めに音を合わせる時の音は、

“ラ”なんです。

 

“ラ”の音は私たち人の体の中で

癒しの音なのかもしれません。

 

お子さんが眠りにつく時、

泣いて心が落ち着かない時、

集中したい時、など

わらべうたを歌ってみてはいががでしょう?

 

~ちょちちょち あわわ~

♫ちょちちょち あわわ

かいぐり かいぐり とっとのめ♫

 

~せんぞや まんぞ~

♫せんぞや まんぞ おふねはギッチラコ

ギッチラ ギッチラ こげば 港がみえる♪

 

~ずいずい ずっころばし~

♪ずいずい ずっころばし ごまみそずい

ちゃつぼに おわれて とっぴんしゃん♪

 

 

さとみ先生の親子教室 ▶︎ こちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です