『行きたくない!やだやだ星人』の対処法とは?

保育園、幼稚園、習い事に行きたくないと言うようになったら?

こんにちは、

保育スタッフの山村さとみです。

今月の子育て豆知識をお届けしますね。

 

母子分離がやっと出来るようになったのに

急に、お子さんが

「幼稚園行きたくない!」とか

「ピアノに行きたくない!」なんて

言い出したりしたことありませんか?

 

いわゆる【行きたくない病】。

 

実はひどいいじめがある。

とか

先生にとても叱られて。

等の理由ばかりでは無いことが

多いんですよね。

 

大人には気づかない、

ちょっとしたきっかけで

気持ちがシュン・・・。と落ち込んで

【行きたくない病】にかかってしまうんです。

 

【行きたくない病】にかかった時に一番大事なこと

大切なのは、この時の大人の対応。

 

「休み癖」につながるのはちょっと怖い。

 

“休む”事が悪いのではなく、

子供が「あ、行かなくてもいいんだ。」

「こう言えば楽チンできるんだ。」

と認識させてしまうことが怖いんです。

 

泣き叫ぶ子供を我慢強く通わせ、

最後は先生もお友達も

大好きになった例もあります。

 

かといって、

無理やり連れていくのを続けていれば

何とかなるか?

という訳ではありません。

 

一番大切なのは、家で過ごす時間。

 

「こんなに家で甘えていたら

幼稚園にもっと行かなくなっちゃう。」

 

なんてご心配されるかもしれません。

 

でも実は、

家でたっぷり愛情をチャージしておけば、

割と短い時間でパッと外に気持ちが向き、

幼稚園や保育園、習い事にも

安心して行くことができるのです。

 

【行きたくない病】の特効薬

実際、【行きたくない病】のお子さんを見てみると、

お家で弟や妹が産まれ

ママが下の子に付っきりだったり、

お仕事が忙しく、なかなかお子さんとの

ゆっくりした時間がとれなかったり…。

 

そのストレスを外でぶつけてしまい、

お友達や先生と上手くいかなくて

「行きたくない!」のきっかけを

作ってしまう事があるようです。

 

解決に時間がかかる場合もありますが、

  • お家でたっぷり甘える時間を作る
  • 先生やお友達の良い所を家で話す
  • お友達と遊んだ楽しい思い出を話す

など、

楽しい会話が【行きたくない病】治療の

特効薬です。

 

さとみ先生の親子教室 ▶︎ こちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です